電話番号
お問合せはこちら
  • TOP
  • オートバイ修正
  • 会社概要
  • オーナーブログ
  • お知らせ
  • 個人情報保護方針

オートバイのフレーム/溶接加工/サスペンションまわり/ホイール・ディスク/各種修正、ペイントなら大阪府茨木市のワイズマックスへ

TOP > オーナーブログ > フレーム補強。

オーナーブログ

フレーム補強。

こんにちは。今回はいつもお世話になっている販売店オーナー様からフレーム補強のご依頼をいただいたのでご紹介させていただきます。車両はオーナー様私物のサーキット走行用グース250です。ブレーキング時に車体が安定しないとの事なのですが、何分データがないので一度に何か所も補強を入れるやり方よりも、少しずつ様子を見ながら補強を入れていこうと思います。ですが、ご依頼前に転倒されてるとの事ですので作業にかかる前にフレームが曲がっていないかチェックします。すると・・・何と曲がっちゃってます(泣)

判りにくいですがヘッドパイプがアクセル側に曲がってます(画像右)、真ん中の画像が検査軸にレーザーを当ててる所で軸がレーザーからかなりずれています。(赤い点がレーザーです。見えるかな~) 右が修正後の画像です、軸先とレーザーポイントがピッタリ合いました。

さていよいよメインの補強にかかります。悩んだ末ヘッドパイプ下から下りているダウンチューブと左右のメインフレームを連結しているパイプとの間にもう一本パイプを繋げる事にしました。使う素材はクロモリです、軽くて剛性が高いので補強材にはいいのです。(かなりお高いですが・・・)

パイプを切り出し両端を隙間ができないように削り、最後に溶接熱で膨張したパイプ内の空気の逃がし穴をボール盤で開ければ補強材の完成です。あとは歪みができるだけでないようにじっくり溶接していきます。

溶接が終われば再度フレームチェックをして歪みがなければ塗装をして完成です。ちなみに塗料は2液のウレタンを使っていますよ。

後日オーナー様にうかがったところ、コーナー侵入がかなりよくなったみたいです、結果が出てよかったです。

次回はフレーム修正(特別編)を予定しています。

このページのトップへ

Copyright © オートバイ・フレーム修正専門 大阪・茨木【ワイズマックス】 All rights reserved.