電話番号
お問合せはこちら
  • TOP
  • オートバイ修正
  • 会社概要
  • オーナーブログ
  • お知らせ
  • 個人情報保護方針

オートバイのフレーム/溶接加工/サスペンションまわり/ホイール・ディスク/各種修正、ペイントなら大阪府茨木市のワイズマックスへ

TOP > オーナーブログ > ハーレーのフレーム。

オーナーブログ

ハーレーのフレーム。

こんにちは。今回はハーレーのフレーム修正のご依頼がありましたので紹介させていただきます。とはいっても修正前と修正後の画像しかないのですが・・・。

今回の車両はソフテイルです。上の左が修正前の画像です、ヘッドパイプがかなり右(アクセル側)に曲がっています。右が修正後の画像です、車体に対してヘッドパイプがまっすぐになっています。

そして今回の車両はキャスターも立っていまして、いわゆるフレームがおじぎをしている状態なんですね~。上の二枚の画像ですがダウンチューブの位置が左と右で違うのがわかりますか?キャスターが立つとその影響でダウンチューブがたわみ本来真っすぐなパイプが後方に曲がってしまうのです、その結果フレームがエンジンヘッドに当たってしまいます。(左の画像)キャスターを元通りにするとエンジンとフレームとの間に隙間ができマフラーなどがきちんと付くようになります。(右の画像) ちなみにハーレーは2車種を除いてヘッドパイプの内径が極端に細いのです(原付スクーターと同じくらい!)、その上あの重たいエンジンを支えているのでフレームパイプの肉厚も半端なく厚いのです。本当に修正屋泣かせのフレームです。いつも修正の時に使っている治具は径が太すぎて使えないので、今までは持っている治具を組み合わせて修正していたのですが、いろいろ考えて専用の治具を作る事にしました。これで苦労せず修正できるようになりました。(セットするのには苦労するんですがね。)ハーレーのフレームの修正でお悩みの業者様、一度ご検討ください。

このページのトップへ

Copyright © オートバイ・フレーム修正専門 大阪・茨木【ワイズマックス】 All rights reserved.