電話番号
お問合せはこちら
  • TOP
  • オートバイ修正
  • 会社概要
  • オーナーブログ
  • お知らせ
  • 個人情報保護方針

オートバイのフレーム/溶接加工/サスペンションまわり/ホイール・ディスク/各種修正、ペイントなら大阪府茨木市のワイズマックスへ

TOP > オーナーブログ > 溶接と補強。

オーナーブログ

溶接と補強。

こんにちは。今回はステッププレートの溶接と補強のご依頼をいただきましたので紹介させていただきます。車両はCB125のレース仕様です。

CB72レーサールックです、かっこいいです!でも転倒でステッププレートがポッキリ折れちゃってます。ちなみにこのプレート、当時のレース用のキットパーツだそうです。ポジションが3カ所変えられるみたいで、さすがメーカー製ですね。そういえば、CBのノーマルステップはカブやモンキーと同じエンジンの下からステップバーがにょっきり出てるタイプでしたね。 

とりあえずプレートをはずします。こうゆうアルミの鋳物の場合もともと強度があるので折れにくいのですが折れる時はしなってから折れるのでこのまま繋いでも真っすぐにはなりません、真っすぐに修正しながら溶接します。このアルミの鋳物の溶接は厄介でしてなかなか綺麗に溶接できない事が多いのですが、この当時の物は素材と製法がしっかりしているのでガッチリ綺麗に溶接できました。(実はこの溶接にも強度を上げる裏ワザがあるのですがそれは企業秘密です・・・すいません) 力がかからない所だとこれで十分なんですが今回の場合さらに補強を入れる事にしました。

裏側に3㎜厚のアルミの板を溶接します。(左の画像)こうしておくと万が一転倒してもポッキリ折れずに裏のアルミ板が耐えてくれるので走行することは可能になります。中央と右が完成の画像です、曲がりも修正されて真っすぐになりました。

このページのトップへ

Copyright © オートバイ・フレーム修正専門 大阪・茨木【ワイズマックス】 All rights reserved.